おはぎをあんこから手作り!秋のお彼岸にお供えしよう

あんこから手作りおはぎ、秋のお彼岸に供えしよう

秋のお彼岸ということで、あんこから手作りでおはぎを作ってみたので、紹介します。
おはぎ作りは、あんこの出来がすべてを左右するので、あんこ作りについては念入りに解説していきますよ〜。

最初にがっつりあんこ作りの解説、続いておはぎ作りの解説という順番で書いていきますね。

調理目安時間:2日半(小豆を一晩水につけ置く時間含む)

目次

手作りあんこの材料

  • 小豆・・・500g
    • 小豆250g入の袋、2つ分です。
    • 今回は大人5人が、2、3日かけて食べられる量にしたので、この量ですが、家族が少ない場合などは、調整してください。
  • 水・・・小豆が被る量×3
    • 作り方のところで後述しますが、小豆を一晩水に入れてさらす分、アク抜きのため煮こぼす分、煮詰めて柔らかくする分の計3回分の水量になります。
  • 砂糖・・・250g
    • 味を見ながら調整してください。一気に入れずに2回、3回に分けて入れるのがコツです。
  • 塩・・・小さじ1/2
    • 甘みを引き出すために少量入れます。こちらも2回に分けて入れましょう。

手作りあんこの調理器具

  • ボウル
    • 小豆を一晩水につけ置く際や、アク出し後の煮こぼし時に使います。大きめ推奨。
  • ザル
    • ボウル同様、小豆を洗うときや、煮こぼす際に使います。ボウルのサイズに適したものを使ってください。基本的にボウルとセットのものを使えばOKです。
  • 無水鍋
    • 私が使っているのは、我が家に20年以上あるAmwayの無水鍋ですが、あんこが焦げなければ良いので、適宜調整すれば他の鍋でも大丈夫です。
  • スプーン
    • 小豆を潰していくときに使います。へらでもいいですが、スプーンのほうが小回りがきくのでおすすめです。
  • すりこぎ
    • 私はクッキー生地やパン生地を伸ばす麺棒を代用しています。

あんこ作りにおすすめな調理器具はこちら

¥340 (2022/09/21 16:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

手作りあんこの作り方

STEP
小豆500gを軽く洗い、ザルを入れたボウルに入れ、小豆が被るくらいまで水を入れ、一晩つけ置きする。
ザルとボウルを使って、小豆を水につけます
ザルとボウルを使って小豆を一晩つけ置き
STEP
一晩浸すと、小豆が水を吸い上げる。
一晩つけ置き後、水を吸って膨らんだ小豆
一晩おいて水を吸い上げた小豆
STEP
鍋に移し、小豆が被るくらい水を入れ、中火でアクが出るまで煮る。
STEP
アクがある程度出てきたら、火を止めザルを使って煮こぼす。

ザルで濾したあとのアク入りのだし汁は捨てちゃってくださいね。

STEP
再び小豆を鍋に移し、水を入れる。
小豆が被るくらいスレスレに水を入れる
小豆スレスレくらいに水を入れる

このとき、小豆スレスレの水の量にしてください。水を入れすぎると柔らかくなりすぎて、おはぎにしにくくなるので注意してくてださい。

STEP
少し隙間を開けて鍋の蓋をし、中火で煮る。
沸々としてきたら、アク取りにキッチンペーパーで落し蓋
沸々としてくると再度アクが出るので、落し蓋をする

沸々としてくるとアクが出るので、キッチンペーパーで落し蓋をし、アクを取り除きます。

また、沸々としてきたら、火を弱火にします。

STEP
再び少し隙間を開けて、鍋の蓋をし、弱火でコトコト煮る。
蓋をすこしずらして、弱火でコトコト
少しだけ鍋蓋をずらしコトコト煮る
STEP
途中、鍋を振り天地返しをしてやる。

均一に火が通るように、ひっくり返します。コツは、ビビらずに一気に手前に回転させるイメージで!

STEP
弱火で20分ほど煮たら、小豆を一つ取り、硬さを確認する。
ある程度柔らかくなっていい色になってきたら天地返しをする
20分ほど煮た小豆

わかりやすいので、食べてチェックしてください。

STEP
小豆がある程度柔らかくなっていたら、一度火を止め、20〜30分ほど蓋を完全に閉めて蒸らす。
鍋の蓋を完全に閉じて、蒸らす
蓋を完全にしめて蒸らす

煮物と同じ原理です。途中で手順8の天地返しを一度行ってください。

STEP
20〜30分蒸らしたら、再び火を入れコトコト弱火で煮る。
柔らかくなった小豆にズームイン
蒸らし後、ところどころ小豆が割れている

こんな感じに小豆が弾けていたら柔らかくなった証拠。

STEP
途中でひっくり返してみて、水分がなくなっているようだったら、砂糖を100g入れ、8の手順で天地返しをする。
小豆に砂糖をいれる
砂糖を投入

天地返しは、砂糖が小豆全体になじむように行います。

このあたりから、スプーンを使って混ぜていきます。

STEP
弱火にかけ、またひっくり返して、12の手順で入れた砂糖が溶けたのを確認する。
更に、砂糖を100g、塩小さじ1/4を追加し再び天地返しを行い、全体になじませる。
砂糖を入れて浸透圧で小豆内の水がでてきたので、ズーム
こんなに小豆から水が出てきた

砂糖を入れることで、浸透圧で水が出てくるよ。

STEP
再び弱火で煮て、途中で砂糖50g、塩小さじ1/4を追加し、味を整える。

味見して、お好みの味に整えてくださいね。

かなり柔らかくなった小豆、粒あんレベル
粒あんレベルになってきた

だいぶ柔らかくなりました。

STEP
味が整ったらスプーンで優しく混ぜながら潰していく。
STEP
だいたいになったら、火を止め、まな板の上などで、すりこぎを使って潰していく。
STEP
こんな感じにあんこっぽく白くなってきたら完成。
混ぜ混ぜして、白いところが出てきた手作りあんこ
全体的に白っぽくなってきたら完成の目安
今回はおはぎ作りなので、こんな感じに適量をきなこ用に丸めてあんこ玉を作っておく。
完成した手作りあんこを丸めて、きなこおはぎ用のあんこ玉作り
きなこ用のあんこ玉

あんこ玉はお好みの量を作ってください。

手作りおはぎの材料

  • 上の手順で作った手作りあんこ
  • もち米・・・3合
  • もち米は何使っても良いです。我が家では、岡山県産のひめのもちを使っています。900gとちょうど使いやすいサイズ感で、価格も値ごろ感があり、何より美味しいのでおすすめです。
  • 白米・・・1合
    • 普通のうるち米です。もち米だけで作ると、おはぎじゃなくてあんころ餅になってしまうので、入れましょう。米の食感も残り、良いアクセントになります。
    • 銘柄は特に何でもOKです。参考までに我が家では、まるよし農産の鳥取県産の米を常用しています。コスパよく、美味しいのでおはぎ作りに関係なく、普段の食卓にいかかでしょう?
  • 水・・・炊きおこわモードの4合のところまで
    • 炊きおこわモードがない場合は、赤飯モードで炊いてください。
  • きなこ・・・お好み
    • まぶしたり、後からかけたりする用なのでお好みで。
    • 余ったら、白米にかけて食べたり、パン作りやケーキ作りの材料に転用してしまえばOKです。
  • 砂糖・・・お好み
    • きなこに混ぜる用です。量については完全に好みなので味を見ながら、調整してください。
    • 我が家の場合は、概ねきなこ10に対して、砂糖は8くらいの比率で混ぜています。

おはぎ作りにおすすめなもち米&米はこちら

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

手作りおはぎの調理器具

  • 炊飯器
    • これがないと始まらない笑
  • 小さいボウル
    • 水を入れるために使います。もち米が手につかないように、水を手にちょくちょくつけます。
    • おはぎは、炊いたもち米が熱いうちに作らないといけないので、火傷防止も兼ねてちょくちょく手に水をつけましょう。
  • 皿 or 小さいボウル
    • きなこを入れます。フライの衣付けをするときのイメージできなこをつけるので、作業がしやすい少し大きめの皿やバットなどでも良いです。
  • スプーン
    • なくてもいいですが、きなこをかけたりと何かと便利なので、用意しておいてください。
  • 手ぬぐいなどの薄い布
    • おはぎ作りの際に濡らして、使います。
    • これがあると、包むのがとても簡単になります。

あんこつながりで、福どらのどら焼きもおすすめ

手作りおはぎの作り方

STEP
もち米3合、米1合、水を炊飯器にいれ、炊きおこわモードで炊く。

炊きおこわモードがない場合は、赤飯モードで炊いてください。

STEP
炊けたら、火傷に注意しながらおはぎを作る。

もし、あんこが硬くて包みにくいと感じたら、レンジで少し温めてあげると柔らかくなって扱いやすくなります。

まずは、きなこのおはぎから作る。

先にきなこ用にあんこ玉を作っているので、その数を確保する意味でもきなこver.から作りましょう。

STEP
手に水をつけ、炊けたもち米を広げる。
炊けたもち米を、手のひらで広げる
炊けたもち米を広げる

熱いので注意!

STEP
あんこ作りのときに事前に作ったあんこ玉を、広げたもち米の上に置き、手をにぎるようにしながら、あんこ玉を包んでいく
STEP
きなこを入れたボウルや皿に入れて、きなこを全体によくまぶす。
あんこ玉を包んだら、きなこをまぶします
きなこをまぶしていく

きなこと砂糖は事前によく混ぜておいてください。
フライの衣付けみたいなイメージでやるとうまくいくよ。

STEP
きなこのおはぎ、完成!
出来上がったきなこおはぎ
このおはぎ

食べるときに、きなこが足りなかったら、適宜きなこを追加でかけて食べてくださいね。

続いて、あんこのおはぎを作る。
STEP
手に水をつけ、炊けたもち米を、軽く丸める。
手作りおはぎに使う炊きたてのもち米をひとつかみ
ふわっと丸めた炊きたてのもち米

力を入れすぎると、餅になってしまうので注意。おはぎなのであくまでふわっと。

STEP
あんこを手に取り広げたら、濡らした手ぬぐいの上に乗せ、さらに丸めたもち米を置き、包んでいく。
STEP
あんこのおはぎ、完成!
手ぬぐいの上でくるりともち米を、手作りあんこで包む
手ぬぐいを使ってくるっと巻いて完成
STEP
すべて作り終えたら完成。
手作りおはぎが全部で18個できました
手作りおはぎ18個完成

食べるときにきなこが足りなかったら、追いきなこをしてくださいね。

手作りおはぎの作り方のポイントやコツ

手順のところで説明した通りですが、ここで改めてポイントやコツについて、簡単にまとめておきますね。

手作りあんこのポイントやコツ

  • 逸る気持ちを抑えて、一晩水につけて小豆にしっかり水を吸わせてあげること。
  • 今回は、おはぎ作り用のあんこなので、兎にも角にもゆるくなりすぎないように水加減に注意すること。
  • 全体に火が通るように、天地返しをしっかりすること!
  • 焦がさないように弱火でじっくりコトコト煮ること。

手作りおはぎのポイントやコツ

  • 炊けたもち米が熱いうちに、火傷に注意しながらさっさと作ること。
  • もち米が炊けてからはスピード勝負なので、作業スペースをしっかり確保しておくこと。
  • あんこが包むときに硬い場合は、レンジで少し温めてあげると柔らかくなって包みやすくなるよ。

【おまけ】手作りおはぎの断面

作ったおはぎはこんな感じになります。
3枚目の写真は、最近中国語の勉強をしているので、簡体字で説明を書いてみました。

手作りおはぎのまとめ

手作りおはぎに、きなこをかけて
手作りおはぎに、きなこをまぶして

お彼岸ということで、我が家で作る手作りおはぎについて、ざっと紹介してみました。
季節もだいぶ進み、食欲の秋ということで、お彼岸関係なく作ってみてはどうでしょうか?

どうしても作るのはめんどくさいよって場合は、通販でも売っていますので、どうぞ。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

あんこつながりで、東京ののどら焼きもおすすめです。
あんこというより、生どらがメインで、季節限定のフルーツの入った生どらなど、常時、定番含めて複数種類ラインナップされています。

あんこから手作りおはぎ、秋のお彼岸に供えしよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次