ナスで一品料理!フライパンを使った簡単ナスのチーズ焼き

今回は、もう一品ほしいなってときや、酒のつまみにに便利な簡単ナスのチーズ焼きについて、書いていこうと思います。

本当に簡単なので、すごく短い&適当ですが、悪しからず。

目次

一品料理になるナスのチーズ焼きの材料

  • ナス・・・2本
    • フライパンの大きさやナスの大きさによりますが、大体2〜3本くらい。
  • とろけるチーズ
    • フレークタイプでジッパータイプのものがオススメです。
  • サラダ油・・・3まわし分くらい。
    • 油については、オリーブオイルでもごま油でも良いです。その日の気分で。
    • 量については、普段の炒めものの1.5倍位でみてください。
  • 醤油・・・2まわし分くらい
    • ご自宅で普段使っているもので大丈夫です。
    • 量については、お好みで。
ジッパータイプのとろけるチーズ
フレークタイプのチーズだと満遍なく火が通るから使いやすいよ

調理器具

  • フライパン
    • 26cm〜28cmのものでOK
  • 菜箸
    • 普通の箸でも大丈夫。ナスをひっくり返せば良いので、トングとかでも良いです。

一品料理になる、ナスのチーズ焼きの作り方

STEP
ナス2本を輪切りにする
STEP
フライパンを火にかけ、油を引き、ナスを入れる

ナスが焦げてしまうので、普段の炒め物よりは多めに油を引いてください。

STEP
フライパンの蓋をして、弱火と中火の間くらいでじっくり火を通す

ちょいちょい蓋を開けて、菜箸を使って、満遍なく火が通るようにひっくり返してください。

油が足りていない感じでしたら、途中様子を見ながら追加してください。

満遍なく火が通るようにナスを焼く
STEP
ナスに焦げ目がついてきたら、醤油を回し入れて、軽く炒め、また蓋をする

炒める際は、油はねに注意してください。

ナスに焦げ目がついてきたら醤油を回し入れる
焦げ目がついてきたら、こんな感じに醤油をかけ回してね
醤油を入れたら、菜箸で軽く炒める
ナスをひっくり返して炒める
STEP
良い感じになってきたら、チーズを入れる
良い感じになったらチーズを入れる
チーズの量はこのくらい
STEP
蓋をして、チーズが溶けるのを待つ
チーズが溶けるまで蓋をする
年季の入ったフライパンの蓋
STEP
チーズが溶けたら完成!
チーズが溶けて、簡単チーズ焼きの完成
良い感じにチーズが溶けたら完成

困ったときにとても便利な、ナスのチーズ焼き

夕飯のおかずが少ない!って感じたときにサクッと作れるナスのチーズ焼きについて、書いてみました。

私が学生時代に、よく作っていたお手軽料理です。

使う油を変えることで、和食にもイタリアン風にもアレンジできますので、おすすめです。

また、我が家ではナスグラタンという料理がありまして、これは、ナスのチーズ焼きとはまた違った美味しさがあります。お弁当のおかずとして定番料理ですので、近日中にご紹介できたらなと思っています。

一言

昨今、長文を書くほうが良いという風潮ではありますが、お手軽料理のレシピが長かったら嫌だろと思いまして、コンパクトに書かせていただきました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

おすすめテーマ『SWELL』

目次
閉じる